buddy-logoインフォメーションスケジュール機材 書庫地図linkfood_drink 星写真白動画白江古田


Sorry...This site is Japanese Only.

Buddy_Photo

Wellcome to Buddy
ようこそ、 Live in Buddy へ


Live in Buddy は1990年にオープンして早くも26年の月日がが立ちました。
ここにいままで、出演してくださった方々に深く御礼申し上げます。


Buddy の Movie を Up しました。

BuddyLogo江古田駅南口 の改札を出て右手を見るとスグに Buddy の看板が見えてきます。そして、階段を下に降りると左の写真のように Buddy という文字が目に飛び込んできます。
さあ、もう少し、下へ 降りて行きましょう。
※入口の右手には ライブスケジュール が掲示されています。
ここまでは、ちょっと綺麗なふつうのライブハウスって雰囲気です。
まぁ、階段の幅も余裕のある感じで圧迫感など全然ありません。
さぁ、お店へいざ出陣と行きましょう。



お店入口(ふつう、ライブハウスに入るときって気合を入れて入りませんか?)
このドアを開けると受付嬢がいるのでちょっと緊張してしまうかも?
でも大丈夫です。喰ったりしませんから、ご安心を!
入り口周辺にはLiveのポスター、チラシ、バンドのメンバー募集、演劇の告知などなど色々なものが貼られております。

 




カウンターこれを見てなかなかの創りだと思っていただければ、うれしいです。
まわり一面、音の吸収率の良いレンガを細かく貼り巡らせてあるので、音の抜けが良く、大変クリアーに音楽を聴くことが出来ます。 もちろん、ステージ内の音抜けは最高でやるほう(Musician)にとっても最高のスペースです。(ここは、B2FですがステージだけはB1Fまで吹き抜けになっているため、音が廻りにくい)


ステージこれが Buddy のメインステージです。客席もさることながら(イス席だけのキャパシティは余裕で130名をカバーしています。スタンディングでは330名ってとこですかね)、ステージの広いこと、広いこと。
よく Buddy では Jazz の BigBand が Live をやりますが、16名編成の Band でも、まだ、動き回る余裕があるんですよ。ちょいと言い過ぎですかね。(笑)いわゆる、ライブハウス形態の箱で これほどのスペース が他にありますでしょうか?

店内の全体MAP 機材一覧 CDの紹介


LIVE HOUSE BUDDY(ライブハウス バディ)
東京都練馬区旭丘1-77-8 双葉会館B2F

TEL & FAX:03-3953-1152(15:00〜)
buddy@abox2.so-net.ne.jp

このページに関するお問い合わせは E-mail:office@buddy-tokyo.comへ.
著作権はLive House Buddyが所有しています.
ホームページのURLは http://www.buddy-tokyo.com/ です.
ここへのリンクは自由です.
About my homepage mail to E-mail:office@buddy-tokyo.com
ALL Rights reserved, Copyright
©1990-2017, Live House Buddy
The URL of our home page is "http://www.buddy-tokyo.com/" .
You may link to the URL of my home page or some URLs written link free.